仏像

本尊 薬師如来坐像  日光・月光菩薩立像  慈覚大師坐像

薬師如来坐像(国指定重要文化財)
カツラ材の一木造り、内刳りを施した像内には、貞観四年(862)の墨書銘が記されている。

男性的で厳しい顔立ち、いかつく張った両肩、厚く幅の広い両膝、無造作に刻む衣文など、いかにも北方の奥地の作らしい雄大な像である。
像高126㎝

日光・月光菩薩立像(県指定文化財)
本尊薬師如来の脇侍で、平泉二代藤原基衡公の寄進したものと伝えられる。平安時代末期の作。 

僧形坐像・伝慈覚大師坐像(国指定重要文化財)
カツラ(あるいはシウリザクラ)材の一木造り、膝裏の部分に永承二年(1047)の墨書銘がある。古くは、寺域の大師山のお堂に安置してあったものである。像高67センチ。 
薬師如来坐像(YAKUSHI NYORAI)
月光菩薩立像(GAKKO BOSATSU)
日光菩薩立像(NIKKO BOSATSU)
僧形坐像(SOGYO ZAZOU)

四天王立像   十二神将立像

四天王立像(国指定重要文化財)
持国天・増長天・広目天・多聞天ともに一木造り。本尊薬師如来坐像とほぼ同時代の作といわれる。(国指定重要文化財)

十二神将立像(県指定文化財)
頭上に十二支を配している。平安後期から鎌倉時代初期の作といわれる。 
多聞天像(TAMONTEN)
持国天像(JIKOKUTEN)
十二神将立像(JUNI SHINSHO)
HOME⇒>